ホーム » グループ紹介 » 活動紹介 » リグノフェノール普及事業

樹木の成分のには、セルロース(50%)、ヘミセルロース(20%)、リグニン(広葉樹20%、針葉樹30%)があり、 従来廃棄されてきたリグニンを成分分解により取り出し再生可能な森林バイオマスマテリアルとして有効利用をめざす事業です。

リグノフェノール抽出技術と利用イメージ

リグノフェノール抽出技術と利用イメージ

めぐりの森での活動を通じて、リグノフェノールによる新規市場用途を開発し、新しい湘南国際村ブランドとして普及を促進したいと思っています。

■イメージ(PDF)をダウンロードする。

リグノフェノール普及トリガー事業イメージ

リグノフェノール普及トリガー事業イメージ

森林資源のある現地でリグノフェノールが製造できるように、4トントラックに車載できるプラントを開発し、輸送コストの削減や資源採取エリアの拡大を図り、事業性を高めていきます。

■イメージ(PDF)をダウンロードする。

記事はありません。