めぐりの森の活動レポート。

ホーム » めぐりの森ブログ トップページ » 自然ふれあい楽校グループ » 7月22日(火) ④森の自然観察会
7月22日(火) ④森の自然観察会



□参加者

参加者/18名
オブザーバー/1名(横須賀市自然環境共生課)
スタッフ/8人
合計:27名


□活動内容
10:10〜10:20 集合、受付、挨拶、スタッフ紹介、注意事項など

10:25〜    大タブの森に向かって出発。虫コブのふしぎ、クズの花の香り、
        カバキコマチグモ(フクログモ科)の巣など。



11:00〜11:25 オオバヤシャブシの小道を抜けて大タブノキの森へ

11:30〜    カブトムシ、ジムグリ、ヒグラシゼミの脱け殻との出会い

11:55〜    ハンノキ林(クヌギとコナラの植樹地)の木陰でお弁当

12:50〜    森と林と木のはなし、

13:30〜    アケビのトンネル入口で、草あそび

14:15     観察会終了、解散



□感想・課題など
・平日の開催には、夏休み中の小学生高学年の参加が多い。
 昨日の③野原と小川の観察会と2日続けての参加者も6人いて、
 観察方法やガイドの説明内容もレベルアップした感があった。

・観察のために捕らえた昆虫も、観察後は自発的に自然にもどす、
 それも、草地や灌木林や森と、その生き物の生息地を見極めて
 放していることに、自然体験活動の成果を感じた。

・草木の葉を使っての音遊びには、こどももおとなも夢中になる。
 昔ながらの素朴な遊びの楽しさを知ってもらうことも、
 自然を理解するための一助となることを実感した。

 

≪ 7月21日(祝) ③野原と小川の自然観察会7月18日(土) ①第4回三浦半島 森づくりフォーラム ≫