めぐりの森の活動レポート。

ホーム » めぐりの森ブログ トップページ » 混植・密植植樹推進グループ » 第8回 湘南国際村めぐりの森植樹祭レポート
第8回 湘南国際村めぐりの森植樹祭レポート

少し時間が経ってしまいましたが、11月10日(日)に開催された第8回 湘南国際村めぐりの森植樹祭の様子をご報告させていただきます。

1週間前ぐらいから後ろ向きな天気予報が続き、やきもきしていましたが、当日は何とか持ちこたえて無事に植樹祭を開催することができました。
1

曇り気味でちょっと寒かったので、みなさん心なしか厚着で参加されていました。
さて、真ん中に写っているテレビカメラにお気づきでしょうか?

チラっ
Photo

開会式の写真かと思いきや、小さめにターゲットが写っています。せっかくの大物ゲストなのでもう少し引っ張らせてください(笑)

焦らす意味も込めて、今回は当日の写真を使って植樹の工程のおさらいをしてみようと思います。
植樹に初体験の方、ご無沙汰してしまった方は是非ご参考に。

①苗木を水につける
結構ざぶっとつけるので11月はちょっと気合が必要です。軍手が濡れます。
Photo_2

②穴を掘り苗木を植える
シャベルを使って根っこが埋まるぐらいの穴を掘り、優しく土を被せます。近すぎず遠すぎず、恋愛のごとく苗木同士の距離感が大切です。
Photo_3

硬いところは大きめのスコップが大活躍!引っ張りだこでした。
Photo_4

③藁を敷く
雨で苗木を植えた土が流されないように、藁を敷きます。バケツリレー方式で受け渡し。毎回思うのですが、藁の匂いっていいですよね。
Photo_5

④縄を張る
敷いた藁が飛ばないように、両端に杭を打って縄を張ります。ちなみにこの縄も自然に還る素材です。
Photo_6

⑤水撒き
最後に「大きく育てよー」という想いを込めて水を撒きます。
おりゃー
Photo_7

りゃー
Photo_8

りゃりゃー
Photo_9
(せっかく写真があったので、連写バージョンでお送りしました)

植え終わった後はやはりというか記念撮影。
両脇の旗は協賛してくださったフィアット クライスラー ジャパン様のものです。
こうして植樹ができるのも様々な方々のご支援があってのこと。温かいご支援は本当にありがたいですよね。
Photo_10

といったところで、全行程が終了となります。

それではお待ちかね、今さらながら大物ゲストのご紹介です!!
今回はな・・・なんと!!
Photo_11
市川海老蔵さんが参加してくださったのです。(「シラカシー」と叫んでいるシーン)

※植樹祭では22種類の苗木を植えるのですが、ステージ上の人が木を高らかに掲げて名前を叫ぶ→聴衆が復唱するという儀式を行います。海老蔵さんも再三に渡ってステージに呼び出されていました。

過去に奥さんの小林真央さんも参加されたことがあります。
植樹も一緒にしてくださっていたのですが、やはり絵になる方ですね。
1000747_726144204080328_1582617484_


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回もたくさんの方々に支えられて、無事に植樹祭を終えることができました。
ご参加・ご協力にいただいた皆様に感謝しております。

次回の植樹祭は2014年5月頃に開催される見込みですので、また半年後に湘南国際村でお会いしましょう!
Photo_12

おっきく育てよー!!

ではでは。

 

≪ 第7回湘南国際村めぐりの森植樹祭レポート11月9日湘南国際村めぐりの森育樹作業! ≫